看護師 履歴書 書き方

遺伝子医学の発達などで、ある程度の病気は予防が可能になってきました。病気にならいない生活、病気の進行を緩める生活などが求められますね。

医療の進歩により、予防医学が発達していますよね。

 

予防医学は、病気の発生や経過、分布、消長とそれに影響を及ぼす原因を研究し、病気の予防や、病気になりにくい心身の健康増進を図るための医学です(´・Д・)」

 

病気になってから治すのではなく、病気になりにくい身体を作るために、病気を予防し、健康を維持することが大切なんです。

 

この予防医学が、遺伝子医学の発達により進歩し、これからは予防医学の時代と言われているのです(*^_^*)

 

病気になる前に、体質を明らかにして、それぞれに適した生活環境を整え、病気を発症しないようにする新しい医学が始まっているんですよね。

 

遺伝子が関与する病気に対する認識として、「特殊な病気」と思われていましたよね(・_・;

 

しかし、遺伝子医学の発達により、実はもっと私たちの身近な病気も遺伝子が関与していることが解明されてきたのです。

 

たとえば、生活習慣病と言われている糖尿病や高血圧、心筋梗塞、こういったものも遺伝子が関与していることがわかりました。

 

また、アレルギー疾患や、癌、感染症にも遺伝子が関与していることがわかっているのです。

 

生活習慣病のように、一度発症すると完治が難しく、しかも静かに症状が進行し、あらゆる合併症を引き起こす病気は予防出来るのであれば予防したいものですよね(;´Д`A

 

また、癌のように今までは明らかな原因もわからず、予防することの出来ない、死亡する確率の高い怖い病気と思われていた病気も、予防が可能になったというのは、目覚ましい医学の進歩ですよね。

 

また、感染症など遺伝子要因は全く無縁のような病気も、実は重症度が違うのは遺伝子要因による免疫力の違いから…ということも明らかになっているんです。

 

ですから、遺伝子医学の発達によって、人はあらゆる病気を予防することが可能な時代になっているのです(*^_^*)

 

自分の遺伝子から、高い確率で発症すると思われる疾患を知ることができます。

 

ですから、病気にならないための生活、病気の進行を緩める生活を心がけることで、病気になることを予防する事が大切ですねd(^_^o)